ウィルバー・ロス氏:トランプ氏はキャリードインタレストで増税する

米資産家ウィルバー・ロス氏は、米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の税制案では、投資マネジャーの所得の大部分を占める「キャリードインタレスト」に関して増税になると述べた。ロス氏はディストレスト債投資家でトランプ氏の支持者。

  ロス氏はトランプ氏の税制案をめぐる混乱を整理したいと述べ、投資ファンドの利益の一部として投資マネジャーに支払われるキャリードインタレストに対し、一般の所得として課税するものだと説明。さらに同案は、多数の投資ファンドが使う仕組みであるパートナーシップからの所得の税率を引き下げるトランプ氏の別の案から影響を受けないと述べた。

ウィルバー・ロス氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  13日にワシントンで開かれた税制フォーラムでトランプ陣営を代表したロス氏は、「私のキャリードインタレストも他の人々のキャリードインタレスト」も減税対象にならないと言明した。

  現行法では、パートナーシップや有限責任会社(LLC)などいわゆるパススルー事業体は、それ自体で所得税を支払わず、利益を出資者に振り分け、その出資者が個々に課税される。トランプ氏はパススルー事業体に15%課税する方針。同案は、キャリードインタレストを通常の所得として課税するトランプ氏の別の公約と矛盾すると受け止められていた。現行ではキャリードインタレストの税率はキャピタルゲインとして最低23.8%となっており、最高の所得税率の39.6%を大きく下回る。

原題:Wilbur Ross Says Trump Plans Higher Carried-Interest Taxes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE