豪中銀:都市中心部の集合住宅市場でリスク高まる-金融安定性報告書

  • ブリスベーンやメルボルンでの供給過剰が「表面化しつつある」
  • 住宅ローンの不良債権は低水準にあるものの、増加している

オーストラリア準備銀行(中央銀行)は14日、銀行システムは依然として良好な状態にあるとあらためて確認する一方、ブリスベーンとメルボルン中心部で集合住宅が供給過剰となっている可能性があるとの警告を強化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。