ドル・円は104円台、中国の経済統計が強め-米指標やFRB議長注目

更新日時
  • 朝方に付けた103円61銭から104円16銭までドル買い・円売り進む
  • 目先は米大統領選前で大きくレンジを抜けるのは難しい-あおぞら銀

14日の東京外国為替市場ではドル・円相場が上昇。取引が進むにつれてドル買いが優勢となり、市場予想を上回った中国の物価統計発表後には1ドル=104円台に乗せた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。