シンガポール:7-9月は前期比年率4.1%のマイナス成長-速報

更新日時
  • 製造業が17.4%の落ち込み、サービス業も1.9%減
  • 通貨庁は政策スタンスを据え置き

シンガポールの7-9月(第3四半期)の成長率は前期比でマイナスとなった。同国が世界的な景気減速の影響を受けていることがあらためて示唆された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。