サムスン:営業益への打撃を5500億円と予想-ノート7打ち切りで

更新日時
  • 7-9月営業益を23億ドル減額修正-3月までさらに30億ドル悪影響
  • 利益への影響はアナリストの予想と一致

サムスン電子は14日、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」の生産打ち切りに伴う営業利益への悪影響が来年3月末までの3四半期で計53億ドル(約5500億円)に達するとの見通しを明らかにした。韓国最大の企業である同社は、ノート7をめぐる危機のコスト算定を進めているが、膨れ上がる一方だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。