【債券週間展望】長期金利低下か、日銀買いオペが支え-ECBに注目

  • 投資家の押し目買いや日銀オペに支えられ底堅さ目立つ展開-岡三証
  • ECBで限界論が強まればスティープ化圧力-マスミューチュアル

来週の債券相場は長期金利の低下が予想されている。日本銀行による3回の長期国債買い入れオペが見込まれ、相場の支えになるとの観測が背景にある。一方、金融政策の不透明感から欧米金利の上昇は警戒されており、欧州中央銀行(ECB)理事会に注目が集まっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。