中国の9月の原油輸入:過去最高に増加-新戦略備蓄施設の操業開始で

  • 9月の原油輸入は日量808万バレルに達する
  • 中国の9月の石油製品純輸出も過去最高に近い水準に

中国の原油輸入が過去最高に達した。新規の戦略石油備蓄施設が操業を開始したことと、石油精製会社が原油処理量を増やす準備を進めていることが背景にある。石油製品の純輸出も過去最高に近い水準に増加した。

  中国税関総署が13日発表したデータによれば、世界最大のエネルギー消費国である中国の9月の原油輸入は3306万トン。これは日量約808万バレルに相当する。中国の石油製品の9月の純輸出は237万トンと、7月に記録した過去最高の249万トンに迫った。

  ICISチャイナのアナリスト、エイミー・スン氏は広州から電話インタビューに応じ、「戦略備蓄と原油処理量の増加見通しが9月の輸入拡大につながったのは確かだ。このトレンドは向こう数カ月間続く可能性が高い」との見方を示した。

原題:China Crude Imports Rise to Record High as Storage Expanded (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE