カーライル傘下ESGのヘッジファンド、1-8月の成績マイナス43%

  • 「ネクサス」の運用資産は8月末時点で約130億円に落ち込む
  • カーライルは過半数保有していたESGの株式の売却進める

米投資会社カーライル・グループ傘下のエマージング・ソブリン・グループ(ESG)が運用するヘッジファンドの1-8月の運用成績がマイナス43%となった。中国の資産価格や人民元の下落を見込む投資が振るわなかったことが要因。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。