NY金(14日):反落、米経済への見方割れる-消費者マインド低下で

14日のニューヨーク金先物相場は反落。米消費者マインド指数が予想外に低下したことを受け、利上げの可能性の高さを見直そうとする動きが広がった。今週では3日目の下げ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。