ドイツ銀、信用ストレス信号が弱まる-社債発行で財務改善

  • 優先債のCDSが正常化、懸念後退
  • 資本市場で調達再開、45億ドル相当発行

ドイツ銀行の信用力に関するストレスの兆候が和らいだ。45億ドル(約4700億円)相当の社債発行で信頼感が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。