トランプ氏が過去に関する調査拒否、選対本部の要請に応じず-関係者

  • 対立候補からの攻撃に備えるための調査にトランプ氏同意せず
  • トランプ氏から不適切な行為を受けたとされる女性らの証言が相次ぐ

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏は、対立候補からの攻撃に備えるために自身の過去について調査を受けるよう側近に求められたものの、それを拒否していた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。トランプ氏から不適切な行為を受けたとされる女性らの証言がこの1週間に相次いでいるが、側近の要請を拒んだ同氏の判断がこうした事態を招いた一因のようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。