米マクドナルド:店舗売却など経営改善計画で費用135億円を追加計上

  • マクドナルドは既存店舗のフランチャイズへの売却を増やす計画
  • 21日公表する7-9月期決算に税引き前費用135億円を追加計上する

世界最大の外食チェーン、米マクドナルドは既存店舗のフランチャイズへの売却を増やすなど、現在推し進めている経営改善計画のため、7-9月(第3四半期)に税引き前費用約1億3000万ドル(約135億円)を追加計上する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。