タイのプミポン国王が死去、88歳-国民の敬愛集め在位70年

  • 遅れた農業国を東南アジア2位の経済国へと導く
  • 国民を擁護する政治的かつ精神的な権威の存在

(ブルームバーグ):タイのプミポン・アドゥンヤデート国王(ラマ9世)が13日午後、死去した。88歳だった。国民から敬愛された同国王の在位期間は70年4カ月に及び、現役君主としては世界最長だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。