欧州株:2カ月ぶり安値、鉱業株安い-中国統計で世界景気懸念が再燃

13日の欧州株式市場では、指標のストックス欧州600指数が3日続落し、2カ月ぶり安値を付けた。この日発表の9月の中国の輸出が予想外に減少したことで、世界経済の健全性に対する懸念が再燃した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。