ドイツ銀、人民元17%下落を予想-中国からの資本流出強まる見通し

更新日時

中国人民元は向こう2年でドルに対して17%下落するとドイツ銀行はみている。中国当局が住宅市場の過熱抑制に取り組んでいることに加え、中国の緩和的な金融政策と米利上げで資本流出に拍車が掛かるとの見方を根拠に挙げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。