TSMC:7~9月は最高益-10~12月売上高見通し、市場予想上回る

半導体ファウンドリー(受託生産)世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の7-9月(第3四半期)利益は四半期ベースで過去最高となり、10-12月(第4四半期)の売上高見通しはアナリスト予想を上回った。米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」への需要が追い風となった。

  13日の発表によると、7-9月期の純利益は968億台湾ドル(約3160億円)に増加。売上高は2604億台湾ドル。粗利益率は50.7%と、アナリスト予想の51.5%を下回った。

  TSMCは10-12月期の売上高が2550億-2580億台湾ドルになるとの見通しを示した。アナリスト予想では2434台湾ドルが見込まれていた。

原題:TSMC Sales Forecast Tops Estimates After Posting Record Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE