香港株:6週間ぶり安値-中国貿易統計やFOMC議事録を嫌気

更新日時
  • 下期利益予想を撤回したキャセイ航空は7年ぶり安値
  • ハンセン指数は1.6%安-H株は1.8%安、上海総合は0.1%高

13日の香港株式相場は下落。ハンセン指数は6週間ぶりの安値を付けた。この日発表された中国貿易統計が一段の景気減速を示唆し、人民元が引き続き下落。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表を受けて米利上げ観測が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。