鉄鉱石、中国の需要で50ドル台維持へ-価格予想で首位のカナダの銀行

  • トロント・ドミニオン銀、17年6月にかけての価格は55ドルと予想
  • 低コスト生産会社は若干増産する見通し:メレク氏

大きく変動していた鉄鉱石価格が落ち着く可能性がある。ブルームバーグの価格予想ランキングで首位のカナダのトロント・ドミニオン銀行は、鉄鉱石価格の10-12月(第4四半期)と2017年1-6月(上期)の平均が1トン=55ドルとなり、7-12月(下期)は58ドルに上昇すると予想している。

  同行は、低コスト供給が増え価格は現行水準を若干下回る傾向があるかもしれないが、中国での経済活動が上向いて需要につながり、17年7-12月には底堅く推移する可能性が高いとみている。メタル・ブレティンによれば、12日の鉄鉱石価格は1ドライトン=57.16ドル。

  同行の商品戦略責任者バート・メレク氏は電話インタビューで、「低コスト生産会社は若干増産すると予想している。近く価格が大幅に上昇する可能性が低いのはそのためだ。非常に競争力のある価格水準になれば、基本的な生産がかなりの量に上る」と指摘した。

原題:Top Iron Ore Forecaster Sees Prices Holding in the $50s on China(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE