イエレン議長が据え置き決定左右、9月のFOMC議事録が示唆

  • 議長自身にも「ぎりぎりの判断」だった可能性-ペルリ氏
  • 市場が織り込む次の米利上げ時期、12月が引き続き基本シナリオ

米金融当局者は労働市場をめぐり見解の不一致を抱えながらも、その大半は先月、当面利上げを見送るべきだとしたイエレン連邦準備制度理事会(FRB)議長の主張を最終的に受け入れた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。