韓国中銀、政策金利を据え置き-115兆円の家計債務を警戒

更新日時
  • サムスン問題の経済への影響、現在の予測より大きくなる可能性も
  • 来年の成長率と今年のインフレ率見通しを下方修正

韓国銀行(中央銀行)は13日の金融通貨委員会で、政策金利である7日物レポ金利を過去最低の1.25%に据え置くことを決めた。金利据え置きは4会合連続。政策当局者は家計債務の増加や予想される経済への逆風を引き続き警戒している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。