9月の英住宅価格指標は上昇、EU離脱ショック和らぐ-RICS

英住宅市場の勢いが9月に増したことが英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)の調査で分かった。国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まったことによるショックが和らいだほか、売却物件不足が続いていることが背景にある。

  RICSの13日発表によると、9月の住宅価格指標はプラス17と、8月のプラス13から上昇。価格上昇を報告する不動産業者が増えた。一方、国内最高級の住宅地があるロンドン中心部では住宅価格の下落が続いている。

  RICSのチーフエコノミスト、サイモン・ルビンソン氏は電子メールで送付した発表資料で、「春から夏の終わりまで吹き荒れていた厳しい逆風の後、市場は落ち着きを取り戻しつつあるようだ」と指摘。「比較的ゆっくりとではあるものの、買い手は戻りつつあるようだが、回答者が強調し続けている大きな問題は市場で新規在庫が不足していることだ」と述べた。

原題:U.K. Housing Market Strengthens in September as Brexit Hit Fades(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE