9月の英住宅価格指標は上昇、EU離脱ショック和らぐ-RICS

英住宅市場の勢いが9月に増したことが英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)の調査で分かった。国民投票で欧州連合(EU)離脱が決まったことによるショックが和らいだほか、売却物件不足が続いていることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。