アンデュラン氏:原油価格は来年70ドルに-OPEC減産で在庫減へ

  • 原油価格は向こう3カ月間に1バレル=60ドルに上昇と予想
  • サウジは将来の「大幅な供給不足」回避を望んでいる:同氏

ヘッジファンド運用者ピエール・アンデュラン氏は、原油価格が向こう3カ月間に1バレル=60ドルに上昇し、来年には70ドルに達するとの見通しを示した。サウジアラビアによる減産合意が原油市場の再均衡につながるためと説明している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。