OPECとロシアなど非加盟国、原油生産調整で月内に再協議

  • イスタンブールの協議は前向きだったとカタールのエネルギー相
  • OPEC一致ならロシアの増産凍結参加は問題ないとプーチン氏

石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟国は12日、トルコのイスタンブールで会合を開き、原油生産調整に向けウィーンで月内に再協議することで合意した。しかし減産の配分についてはOPEC内で意見の対立が強まっている

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。