米ウェルズFのスタンプCEOが辞任-口座開設問題で批判浴びる

更新日時
  • 「新しい指導者が現段階ではふさわしいとスタンプ氏は認識」
  • スタンプ氏の辞任発表後に株価は上昇

銀行トップとして金融危機を切り抜け、米銀ウェルズ・ファーゴを銀行時価総額で世界一に押し上げたジョン・スタンプ氏が12日、最高経営責任者(CEO)兼会長を辞任した。同氏は従業員が顧客に無断で口座を開設した不祥事で批判を受けていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。