米国株:小じっかり、議事録後もプラス圏維持-決算期でドルに注目

更新日時

12日の米国株式相場は小じっかり。S&P500種株価指数は9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表後もプラス圏を維持した。経済データが着実だが緩慢な経済改善を示すなか、金融政策当局は利上げのタイミングを決めかねていると市場は受け止めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。