NY原油(12日):続落、OPEC減産実行を疑問視-ドル高も響く

12日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意が現実の供給減少につながらないとの見方が広がった。ドル指数が7カ月ぶりの水準に上昇するにつれ、原油の下げは加速した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。