「フラッシュクラッシュ」トレーダー、米国引き渡しに最後の抵抗へ

  • サラオ被告が14日出廷、引き渡し再考を判事に要請
  • スプーフィングでフラッシュクラッシュ引き起こした-米検察

「フラッシュ・クラッシュ」と呼ばれる2010年の世界的な株式相場急落に関与したとされるナビンダー・シン・サラオ被告は、1年以上にわたりロンドン圏外に出ていない。市場操作の疑いで逮捕された後、保釈に伴う行動制限が科されたためだが、これが一変する可能性がある。14日の裁判次第で、米国に強制的に移送されるからだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。