10月12日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は 次の通り。

◎NY外為:ドル7カ月ぶり高値、議事録受け利上げ近いとの観測

  12日のニューヨーク外国為替市場でドルが上昇。一時3月以来の高水準に上昇した。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した連邦公開市場委員会(FOMC、9月20-21日開催)議事録によると、幾人かのFOMCメンバーは「比較的早い」利上げが適切になるとの見解を示したことが手掛かりだった。

  ドルは主要通貨の大半に対して上昇。市場で年末までの利上げを織り込む確率は66%と、1カ月前の60%から上昇した。ニューヨーク連銀のダドリー総裁はインフレ期待は十分に抑制されていると述べた。

  米投資顧問会社BKアセット・マネジメントの為替マネジング・ ディレクター、ボリス・シュロスバーグ氏は「利回りが上昇し、ドル上昇が現実であるとの市場のコンセンサスが強まった」と述べ、「上昇分の多くは織り込まれている。従って、議事録発表後の反応もそれほど大きなものではないだろう」と続けた。

  年初来のドルの下げ幅は2.3%に縮小した。トレーダーは年末までにドルが上昇するとの確信を強めている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.2%上昇、3月16日以来の高水準をつけた。ドルは対円で0.7%上昇して1ドル=104円21銭。

  ドルの相対力指数(RSI、14日間ベース)は1月以来となる69へ上昇。相場の行き過ぎを示唆する70に近づいた。

  FOMCは9月の会合でフェデラルファ ンド(FF)金利誘導目標を0.25-0.50%で据え置くことを決定した。据え置きは6会合連続。FOMCメンバー17人の過半数はなお、年内に少なくとも1度の利上げを見込んでいる。

  スイスのヘッジファンド、エリューセラ・キャピタルの創業者フィリップ・ボネフォイ氏は
「米国は利上げバイアスがかかっており、それ以外の国は総じて緩和バイアスがかかっている」と指摘、「ドルはその見方に反応している。ドルには適度に買いが入っており、年末にかけても買いが続くだろう」と述べた。
原題:Dollar Reaches 7-Month High as Minutes Show Fed Near Rate Hike(抜粋)

◎米国株:小じっかり、議事録後もプラス圏維持-決算期でドルに注目

  12日の米国株式相場は小じっかり。S&P500種株価指数は9月開催の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録の公表後もプラス圏を維持した。経済データが着実だが緩慢な経済改善を示すなか、金融政策当局は利上げのタイミングを決めかねていると市場は受け止めた。

  S&P500種株価指数は前日比2.45ポイント(0.1%)上昇の2139.18。ダウ工業株30種平均は15.54ドル(0.1%)高い18144.20ドル。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が12日公表 したFOMC(9月20-21日開催)議事録による と、金融政策当局者は利上げがもたらす効果について議論し、「ぎりぎりの判断」で据え置きを決定した。幾人かのFOMCメンバーは「比較的早い時期」の利上げが適切になるとの見解を示した。

  決算発表が始まったが、株式市場にとっては芳しくないスタートとなった。業績が振るわない理由として、再びドルがスケープゴートにされるようになった。パビリオン・グローバル・マーケッツの分析によると、アルコアは増益の抑制要因として、これまでどの要素よりも頻繁にドル高を指摘している。

  パビリオンのグローバルマクロ調査・戦略責任者、アレックス・ベルフルール氏は電話インタビューで、「この時点で利上げを決行すれば、ドルはもっと大きな問題になるだろう」と指摘。ドルの問題は「今回の決算シーズンで表舞台に戻ってきた。近く解消されるとは確信できない。過去のサイクルでは企業は弱いドルにかなり順応したが、今回はそうはいかない」と述べた。

  この日は公益事業や電話、生活必需品、不動産など高配当の銘柄が買われた。アップルは過去20カ月で最長の連続高となったものの、情報技術株は全般にほぼ変わらず。半導体銘柄は3日連続で下げた。ヘルスケアも売られ、ナスダック・バイオテクノロジー指数はこの2日で6.2%の下落。原油価格の軟調を背景にエネルギー銘柄も値下がりした。

  今週はデルタ航空やJPモルガン・チェース、シティグループなどの決算発表が控えている。アナリスト予想では、S&P500種採用企業の7-9月(第3四半期)決算は1.6%の減益となっている。

  ハンティントン・トラスト(オハイオ州コロンバス)のジョン・オーガスティン最高投資責任者(CIO)は、「発表済みの鉱工業企業の決算から浮かび上がるトレンドは非常に弱い。しかしこれが業界の外に波及している兆候は見られない」と指摘。「全体として利益予想を2-3%上回るサプライズが生じる可能性は残されており、そうなれば収益リセッションは終了する」と述べた。
原題:Dollar a Profit Scapegoat as Stocks Stumble Into Earnings Season(抜粋)
原題:U.S. Stocks Rise as Bonds Trim Loss on Fed Minutes; Pound Climbs(抜粋)

◎米国債:ほぼ変わらず、FOMC議事録を受けて下げ渋る

  12日の米国債相場はほぼ変わらず。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録を受けて下げ渋った。

  米連邦準備制度理事会(FRB)が12日公表したFOMC(9月20-21日開催)議事録による と、金融政策当局者は利上げがもたらす効果について議論し、「ぎりぎりの判断」で据え置きを決定した。幾人かのFOMCメンバーは「比較的早い」利上げが適切になろうとの見解を示した。年初以来、利上げに向けた当局の姿勢に市場は疑問を抱いてきたが、9月のFOMCで3人が反対票を投じたことは景気が強含む中での金利据え置きに対して懸念が強まっていることを示唆している。

  ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、午後5時現在、10年債利回りは前日比1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の1.77%。終値ベースでは6月以来の高水準。

  インフレ高進や利上げに備える動きから、10年債利回りは今月に入って1営業日を除いて上昇が続いている。ブルームバーグ・バークレイズ米国債指数のデータによれば、今月に入ってからの米国債のリターンはマイナス0.9%となっている。

  フェデラルファンド(FF)金利先物市場の動向によると、12月までの利上げ確率は約66%。この算出は利上げ後の実効FF金利が新たな政策目標レンジの中央値になるとの仮定に基づく。

  米財務省が午後に実施した10年債入札(発行額200億ドル)では、最高落札利回りが3月以来の高水準となった。投資家の需要を測る応札倍率は6月以来の高水準。午前中に実施された3年債入札(発行額240億ドル)での最高落札利回りは1月以来の高水準だった。

  財務省は13日に30年債入札(発行額120億ドル)を実施する。

  来週からBMOキャピタル・マーケッツの米金利戦略責任者を務めるイアン・リンジェン氏はリポートで、「供給を前にした利回りのさらなる上昇は単純に直感的な動きだが、問題は十分な押し目買いが控えているかどうかだ」と指摘した。

  少なくともある指標は買い手が減っている可能性を示唆している。JPモルガン・チェースが顧客を対象に実施した米国債投資家心理指数によると、アクティブな投資家の売越幅は2015年11月以来で最大となった。一方、全投資家の買越幅は5月以来の低水準。  
原題:Treasuries Join October Global Bond Slump as Fed Rate Hike Looms(抜粋)
  

◎NY金:FOMC議事録公表後も4カ月ぶり安値付近、利上げ観測

  12日のニューヨーク金スポット相場は4カ月ぶり安値付近で推移。米連邦公開市場委員会(FOMC、9月20-21日開催)議事録によると、金融政策当局者は「ぎりぎりの判断」で据え置きを決定し、幾人かのFOMCメンバーは「比較的早い」利上げが必要との見解を示した。

  ロング・リーフ・トレーディング・グループ(シカゴ)のチーフマーケットストラテジスト、ティム・エバンス氏は電話インタビューで、米利上げ観測が「金を圧迫している」と述べた。

  ニューヨーク時間午後2時26分現在、金スポット相場は前日比0.2%高の1オンス=1255.77ドル。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物12月限はFOMC議事録公表前に、前日比0.2%安の1253.80ドルで終了した。

  銀先物は0.1%未満下げて17.505ドル。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ先物1月限は0.8%下落の941.90ドルで引けた。プラチナは8月につけた最近の高値からの下落率が20%を超え、弱気相場入りした。
原題:Gold Trades Near Four-Month Low After Fed Meeting Minutes(抜粋)

◎NY原油(12日):続落、OPEC減産実行を疑問視-ドル高も響く

  12日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が続落。石油輸出国機構(OPEC)の減産合意が現実の供給減少につながらないとの見方が広がった。ドル指数が7カ月ぶりの水準に上昇するにつれ、原油の下げは加速した。

  トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)のシニアアナリスト、ジーン・マクギリアン氏は「OPECが減産で合意したことを受けて相場は50ドルを明確に上抜けたが、今では実際に供給が減少するのかどうかに焦点が戻ってきている」と指摘。「減産の約束が実行されている証拠が明らかになるまでは、上値は重いだろう。需給ファンダメンタルズの変化が表面化するまでは、新たに高値を追う展開にはならない」と述べた。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物11月限は前日比61セント(1.20%)安い1バレル=50.18ドルで終了。ロンドンICEのブレント12月限は60セント(1.1%)下げて51.81ドル。
原題:Oil Falls Second Day Amid Doubts OPEC Members Will Reduce Output(抜粋)

◎欧州株:ストックス600、続落-業績懸念や米引き締め観測で

  12日の欧州株式市場では指標のストックス欧州600指数が続落。業績懸念の高まりや、米当局が金融政策を引き締めるとの観測が広がったことが背景にある。

  スウェーデンの通信機器メーカー、エリクソンは9年ぶりの大幅安となる20%の下げで、指数構成銘柄の中で最もきつい値下がりを演じた。同社では第3四半期の売り上げと利益率が落ち込んだ。同業でフィンランドのノキアは5.1%下げた。一方、金属高を手掛かりにスイスの資源商社グレンコアの上げが目立った。

  ストックス600指数は前日比0.5%安の338.56で終了。企業の健全性を見極めるため、投資家らは決算に注目している。アナリストらは、構成銘柄の通期利益は4.2%減少すると見込んでいる。英FTSE100指数は0.7%安。前日の日中取引で最高値を更新していたが、ポンド反発で売りが優勢となった。

  クーツ(ロンドン)のアラン・ヒギンズ最高投資責任者(CIO)は、「誰もが2016年にまだ何が起きるかに注目しており、大きなリスクを取りたがらず、できるだけ多くの資金を手元にとどめている」と発言。「決算シーズンが幾つかの例外を除いて穏やかに始まったとの安心感が市場にはいくらか必要だろう。投資家らは週ごとに米利上げ確率を高めている。今後数カ月は極めて多忙となる」と語った。

  米利上げ見通しの手掛かりを得るため、米時間に発表される9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が注目されている。2週間前に約50%だった12月の米利上げ確率は現在、約67%となっている。

  個別銘柄では、英銀ロイズ・バンキング・グループが1.1%下落。労働組合によれば、同行はコスト削減の一環として英国内で約1340人を削減する。自動車メーカーのフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は1.4%値下がり。サムスン電子がスマートフォン「ギャラクシーノート7」の問題解決に注力しているため、同社とフィアットの自動車部品をめぐる提携協議が行き詰っていると、関係者が明らかにした。
原題:Europe Stocks Fall Amid Investor Anxiety Over Earnings, Stimulus(抜粋)

◎欧州債:軒並み下落、引き締めシグナル警戒-FOMC議事録に注目

  12日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が軒並み下落したほか、英国債も売られた。米当局による金融政策引き締めの手掛かりを得るため、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が注目されている。

  先物動向に基づく12月までの米利上げの確率は約66%となっている。欧州中央銀行(ECB)も量的緩和策の一部縮小を検討しているとの見方が強まる中、これらが債券への重しとなっている。

  ダンスケ銀行(コペンハーゲン)のチーフアナリスト、アラン・フォンメーレン氏は、国債相場下落について、「ECBのテーパリングをめぐる議論や米利上げ見通しなどを背景に市場の弱地合いが続いているためだ」とし、「利回りがさらに低下すると予想するのは難しい。だが、インフレ率が上向きとなり、中銀の焦点が一部の刺激策縮小に移ったなら、大きく上昇する可能性がある」と語った。

  ロンドン時間午後4時23分現在、欧州債の指標とされるドイツ10年債利回りは前日比4ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.068%。一時は0.074%まで上げ、9月14日以来の高水準を付けた。同国債(ゼロクーポン、2026年8月償還)価格は0.413下げ99.337。同年限のスペイン国債利回りは5bp上昇し1.06%。

  英10年債利回りは6bp上げて1.04%。6月27日以来の高水準となる1.06%まで上げる場面もあった。
原題:Europe’s Bonds Fall as Traders Look to Fed for Policy Signals(抜粋)

(NY外為、米国債を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE