英銀ロイズ、国内で1340人削減へ-労組アコード

住宅金融で英最大手のロイズ・バンキング・グループは国内で約1340人を削減する。労働組合のアコードが12日明らかにした。2014年10月に開始されたコスト削減プログラムの一環だという。

  アコードによると、今回の削減は17年までに約1万2000人を削減する計画の一部。対象はリテールバンキング、オペレーション、ファイナンス、リスク・カスタマープロダクツ、マーケティングの分野にまたがり、今回を加えて削減数は約8680人になる。

  同行は110の新たなポジションを創設するとともに、一部の人員は配置転換を図るとしている。

原題:Lloyds to Cut 1,340 Jobs in U.K. Under Plan to Boost Profits(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE