英銀ロイズ、国内で1340人削減へ-労組アコード

住宅金融で英最大手のロイズ・バンキング・グループは国内で約1340人を削減する。労働組合のアコードが12日明らかにした。2014年10月に開始されたコスト削減プログラムの一環だという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。