中国:人民元の中心レートを6日連続で引き下げ、一時6年ぶりの安値

中国人民銀行(中央銀行)は12日、人民元の中心レートを6営業日連続で引き下げた。ドルが上昇する中で、政策当局が一段の元安を容認するとの観測が広がっている。6営業日連続での中心レート引き下げは、ここ9カ月で最長。

  この日の中心レートは1ドル=6.7258元。6営業日で計0.9%引き下げられた。本土市場で人民元は一時6.7230元と、6年ぶりの安値まで下げたが、上海時間午後4時57分(日本時間同5時57分)現在は前日比0.05%高の6.7152元。オフショア人民元は0.1%高。

原題:PBOC Fuels Depreciation Talk as It Weakens Fixing for Sixth Day(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE