中国の銀行、資本調達約174兆円必要にも-S&Pが問題債権を指摘

米S&Pグローバル・レーティングは11日、中国で企業の活発な借り入れが鈍化しなければ、問題債権への対応で同国の銀行には2020年から最大11兆3000億元(約174兆円)の資本を新たに調達する必要が生じるとの予想を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。