アジア株:3週間ぶり安値、米利上げ観測で-サムスンの下げ続く

12日のアジア株式相場は4営業日続落。投資家の間で米利上げへの懸念が広がったほか、韓国サムスン電子が引き続き下げている。ロシアが石油輸出国機構(OPEC)の減産合意に完全にコミットしないとの懸念から原油も下落。一方、ポンドは上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。