グーグルのAIアシスタント普及計画、サムスンが思わぬ障害に

  • サムスンはAI音声アシスタントを開発するヴィヴ・ラブスを買収
  • ヴィヴ買収はアップルよりもグーグルにとって問題となる可能性

アルファベット傘下のグーグルは、最近発表した同社のデジタルアシスタントがスマートフォンや時計、自動車など、インターネットに接続可能なあらゆる機器に搭載されることを期待している。だが、すでに思わぬ問題にぶつかっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。