グーグルのAIアシスタント普及計画、サムスンが思わぬ障害に

  • サムスンはAI音声アシスタントを開発するヴィヴ・ラブスを買収
  • ヴィヴ買収はアップルよりもグーグルにとって問題となる可能性

アルファベット傘下のグーグルは、最近発表した同社のデジタルアシスタントがスマートフォンや時計、自動車など、インターネットに接続可能なあらゆる機器に搭載されることを期待している。だが、すでに思わぬ問題にぶつかっている。

  グーグルは先週、人工知能(AI)アシスタントを搭載する新型スマートフォンを発表。また、AIアシスタント機能を中核にしたスピーカーも披露したほか、他社のアプリやサービスを同アシスタントと連携させる計画も発表した。

  その翌日、大手スマホ・家電メーカーの韓国サムスン電子は、独自のAI音声アシスタントを開発するヴィヴ・ラブスを買収すると発表した。

  この買収は当初、サムスンのライバルである米アップルへの反撃となるように思われた。ヴィヴの技術者はアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」の開発に携わっていたからだ。しかし、ヴィヴの買収はグーグルにとってより大きな問題となる可能性がある。サムスンはグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載するスマホメーカーで最大手だからだ。アンドロイドのスマホにグーグルのアシスタントが搭載されれば、その技術は急速に広まる。

  だが、サムスンのイ・インジョン執行副社長は先週、同社のスマートフォンにヴィヴの技術を来年搭載し、その後に他の電子機器や家電にも組み込む計画を明らかにした。サムスンの担当者とグーグルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Google’s Plan to Spread its AI Assistant Hits Samsung Roadblock(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE