ウェルズF首脳陣、不祥事がリテール事業の成長に打撃と判断-WSJ

米銀ウェルズ・ファーゴの首脳陣は10日、州当局による同行への処罰の影響はほとんどないが、抱き合わせ販売をめぐる不祥事を受けてリテール事業の伸びは「当面落ち込む」との見方を示した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が伝えた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。