サウジ、OPEC内の意見調整が次の課題-ロシアの減産支持姿勢受け

  • プーチン大統領の合意支持姿勢で露石油会社は政府指示に従う方針
  • イラクとベネズエラはOPEC月報の原油生産推計に異論

サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は、ロシアから原油減産の取り組みを支持する姿勢を得てイスタンブールを後にした。しかし、石油輸出国機構(OPEC)内部では、世界的な合意に向けた最後の障害となっている各国への減産枠の配分について意見が分かれている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。