ノート7で新たなバッテリー欠陥の可能性と米当局が判断-関係者

更新日時
  • 直近事故の暫定調査がTDK子会社製バッテリーの問題示唆と関係者
  • サムスンは徹底した社内調査を実施しており時間がかかると説明

米当局はサムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーノート7」の直近の過熱事故について、先月のリコール(無料の回収・修理)とは異なる不具合が原因の可能性があると判断している。同社は最近の過熱事故を受けて同モデルの生産・販売の打ち切りを決めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。