米セント・ジュード、除細動器のバッテリー消耗で警告-株価下落

  • 警告対象は昨年5月より前に製造された機器で世界で約35万人が利用
  • セント・ジュードを買収するアボットの株価も下げた

米医療機器メーカー、セント・ジュード・メディカルは11日、数千台の埋め込み型除細動器について、予想外に早くバッテリーが消耗する可能性があり、心臓への電気ショックが必要な救急時に動作が不安定になる少数の事例が報告されたことを明らかにした。同日の米株式市場で、同社株は下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。