超長期債が上昇、30年入札後の買い安心感が継続-日銀オペ結果も支え

更新日時
  • 新発30年債利回り0.485%に低下、新発20年債利回りは一時0.37%
  • 30年債、利回り0.5%超えたところで買い安心感-メリル日本証

債券市場では超長期債相場が上昇した。前日の30年債入札を受けた堅調な地合いを引き継いで買い優勢の展開だった。日本銀行が超長期ゾーンなどを対象とする国債買い入れを実施したことも支えとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。