8月機械受注は前月比2.2%減、3カ月ぶりマイナス-市場予想上回る

  • 「持ち直しの動きがみられる」の判断維持-内閣府
  • 製造業では「鉄鋼業」「金属製品」などが減少

8月の機械受注は、民間設備投資の先行指標となる「船舶・電力を除く民需」の受注額が3カ月ぶりに減少に転じた。市場予想は上回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。