債券上昇、30年入札順調好感-買い戻しにプラスアルファの需要との声

更新日時
  • 先物は5銭高の151円86銭で終了、長期金利マイナス0.06%に低下
  • 30年債入札:最低落札価格は市場予想上回る、応札倍率上昇

債券相場は上昇。この日実施の30年債入札は利回りが9月下旬以来の水準まで上昇していたことで、投資家などからの需要を背景に順調となり、超長期ゾーンを中心に買いが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。