英中銀ソーンダース氏:ポンド安の影響注視-数年でインフレ効果も

イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会(MPC)のソーンダース委員は、ポンド相場の短期的なボラティリティ(変動)を懸念していないとしながらも、消費者物価への影響を注視していると語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。