ブラジル株:ボベスパ指数が反落-重要法案可決も商品安が響く

  • 商品価格下落でペトロブラスなどが安い
  • 歳出に上限を設定する法案の可決で内需関連銘柄は上昇

11日のブラジル株式市場で指標のボベスパ指数は5営業日ぶりに反落。財政立て直しと景気回復を目的としたテメル政権の重要法案が下院で可決され、政府は大きな勝利を手にしたものの、商品価格の下落が大きく響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。