債券と株が大幅安、インフレ加速の兆候や低調な企業利益で不安広がる

  • 物価上昇の兆候で米国債相場は下落し、利回りは6月以来の高水準
  • アルコアの予想下回る利益を嫌気し、米国株は1カ月で最大の下げ

11日の金融市場では、インフレ加速や米利上げ観測、さえない企業利益、英ポンド相場の安定性をめぐり新たな不安が相場を揺さぶった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。