NY金:反落、米金融政策が「近く変更される」との見方広がる

11日のニューヨーク金先物相場は反落。シドニーでのシカゴ連銀総裁発言を受けて利上げが近いとの観測が強まり、ドルが上昇。利息を生まない金を保有する魅力は低下した。金の強気ポジションが先週減少した後、金の未決済建玉 (オープン・インタレスト)は4カ月ぶり低水準に近い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。