トランプ氏、「これでもう束縛されない」-共和党首脳部に宣戦布告

  • 共和党首脳部との対立姿勢は新たなレベルに
  • 世論調査、クリントン氏のリードは2桁に拡大

米共和党を率いるポール・ライアン下院議長が前日、大統領候補のドナルド・トランプ氏を今後は擁護しないと話したことを受け、トランプ氏は11日、「もうこれで私を束縛するものはなくなった」と発言。ライアン議長を「弱腰で能力の低い」リーダーだと批判し、共和党首脳部との対立姿勢を鮮明にした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。