欧州債:ドイツ国債の長短金利差が拡大-ECB措置に限度か

  • ECBが緩和策を微調整と、UBSは予想
  • 2年物と30年物の利回り格差、10日時点で5月以降の最大

11日の欧州債市場ではドイツ国債の長短金利差が拡大している。UBSグループのアナリストらによれば、欧州中央銀行(ECB)は量的緩和プログラムを延長するかどうかの問題に取り組む必要がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。