ポンド、4日続落-アナリスト相場予想引き下げ、当局者も一段安言及

更新日時

11日の外国為替市場で英ポンドは4営業日続落。先週のフラッシュクラッシュは単なる一時的な乱高下ではなかったと考える通貨ストラテジストらがポンド相場予想を引き下げた。

  INGグループとJPモルガン・チェース、ジュリアス・ベア・グループはいずれも、ポンドが2分で6.1%の急落を演じた7日以降に年末の相場予想を引き下げた。1985年以来の安値を更新した急落は誤発注やアルゴリズムが原因の可能性が指摘されたが、ストラテジストはより長期の予想を見直した。

  イングランド銀行の金融政策委員会メンバー、マイケル・ソーンダース氏ら当局者がポンドの一段安に言及したことも下げを拡大させた。

  ロンドン時間午後4時3分現在は1%安の1ポンド=1.2241ドル。対ユーロは0.3%安の1ユーロ=90.36ペンス。

  INGは年末予想を1ポンド=1.22ドルと従来の1.25ドルから引き下げた。

原題:Pound Slides a Fourth Day as Analysts Take Ax to Forecasts(抜粋)
Pound’s Decline Deepens as Losses Torpedo Analysts’ Forecasts

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE