石油資源開、三井物など:福島でガス火力発電所建設-1000億円超投じ

  • 大ガスと菱ガス化、北海道電も出資
  • 2020年春の運転開始予定、資金の大部分をプロファイで調達へ

石油資源開発三井物産などは11日、福島県相馬港での天然ガス火力発電事業の事業化を決定した。大阪ガスと三菱ガス化学、北海道電力が同事業に出資することも明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。