オフショア人民元:8日続落、2年で最長-SDR採用後下げ止まらず

香港オフショア人民元は11日、対ドルで8営業日続落。元は1日に国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の通貨バスケットに正式に組み入れられた後、下落の一途をたどっている。

  香港オフショア市場の人民元は現地時間午後2時6分(日本時間同3時6分)現在、前日比0.05%安の1ドル=6.7207元。8営業日では0.7%下げ、ここ2年余りで最長の下落局面となっている。

  本土市場の人民元は6年ぶりの安値に下落。中国人民銀行(中央銀行)は元の中心レートを2日連続で引き下げた。人民銀は元のSDR採用前、元相場を安定させるために介入しているとの観測が浮上していた。

原題:Yuan Set for Longest Losing Streak in Two Years Post-IMF Entry(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE