新興市場株、1週間ぶり大幅安-年内の米利上げ観測で需要後退

11日の新興市場株と通貨は総じて下落。トレーダーの間で米国の年内利上げ観測が高まり、新興市場資産の需要が後退した。

  MSCI新興市場通貨指数は香港時間午後1時2分(日本時間同2時2分)現在、前日比0.3%安。市場が織り込む年内の米利上げ確率は10日、前週末から4ポイント上昇し68%となった。ただ、マレーシア・リンギットは原油高を背景に上昇。

  MSCI新興市場指数は0.7%安と、このままいけば約1週間ぶりの大幅な下げとなる。情報技術(IT)やヘルスケアを中心に全11業種が下落している。韓国総合株価指数は0.9%安と、このままいけば今月に入り最大の下げとなる。台湾の加権指数は0.5%安。

原題:Emerging Market Assets Decline as Fed-Rate Hike Odds Damp Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE